Call ENNO: +65 62605464, +65 62605465

  • Press-wood Pallets
  • Eagon Press-wood Pallets
  • Plastic Pallets
  • Plywood Panels
  • Galvanized Steel Pallets
  • Steel Nestainers

Panasonics - Test Report in Japanese

Panasonic

Pallet for Optical Disk Drives - Test Report

November 20,2007

Panasonic Communications Co.,Ltd

Corporate Quality Assurance

パレット単体試験の解説

試験項目/結果 各試験の測定状況

圧縮試験

4,000kgf以上

局部圧縮試験

ブロック: 910*75*75 2本

たわみが600kgf

までの強度有り

最弱部圧縮試験

ブロック: 75*75 4本

たわみが200kgf

までの強度有り

局部圧縮試験

ブロック: 135*75*75 4本

たわみが400kgf

までの強度有り

落下試験

高さ:100cm

幅面、長さ面

落下試験

高さ:100cm

角落下による

ダメージ・・・影響なし

但し、ニス塗布前の

製品は木屑が多い

踏み込み試験

パレット弱部分への

踏み込み

(75kgの人が乗る)

引き擦り試験

パレット端面を引きづり

破損程度を確認

結果:問題なし

パレットたわみ試験

600kgの荷重でフォーク

爪部に対し両端部が

どの程度たわむかを

確認

結果:10mm

片支持試験

段差を付けパレットの

破損程度を確認

結果:問題なし

RoHS試験
 

濃度判定

・カドミウム(Cd):○ ・鉛(Pb)   :○

・水銀(Hg)   :○ ・クロム(Cr) :▲(グレー)

精密分析

・クロム( Cr6+ 、 Cr3+ )

結論:N.D.

踏み込み試験

最弱部圧縮試験

100kgの人間がパレット上に乗ったことを考察すると

両足≒0.4kg/cm2 片足で乗ると≒0.8kg/cm2

よって、7.5×7.5×4本に200kgかけた力は

200kg÷225cm2≒0.88kg/cm2とほぼ同等の力といえる

ODD用パレットの試験項目・結果

項 目 内  容 試験条件 試験結果 評 価

湿

1.湿度による重量変化

・30℃.90%の環境下において、湿度の

吸湿量による重量変動を把握

・40℃.90%の環境下において、湿度の

吸湿量による重量変動を把握

30℃.90%

・初期重量:17kg

・48時間後:18kg

40℃.90%

・48時間後:18.2kg

参 考

G-Pac
30℃.90%

28.5→29.5
40℃.90%

29.8 cialisfrance24.com kg

2.浸水による重量変化

・パレット全体を水に96時間浸水させ

初期重量と吸水後の重量を比較

・また、吸水後のパレットが初期重量に

戻るまでの放置時間を測定

・初期重量:17kg

・96時間後:26kg

・144時間後:17kg

参考

3.圧縮試験

・パレット全体で受ける荷重のMAX値

と歪量測定

 

・パレットに荷重をかけ続けたときの

初期破損部分の確認

・4,000kgf以上

4.局部圧縮試験

・TOP面の最弱部分に集中荷重を

かけた時の強度

ブロック: 910*75*75 2本

・600kgf以上

5.局部割れ試験

・TOP・Bottom面の最弱部分に集中

荷重をかけた時の破損可否確認

ブロック: 75*75 4本

・TOP・Bottom面の最弱部分に体重

100kgの人が踏み込んだ状態での

破損可否確認

・Top面:200kgf

・Bottom面:400kgf

・破損発生せず

6.リフト爪当て試験

引きづり試験

・パレットにフォークリフトの爪を数回

当て、パレットに破損が生じて機能

低下が発生するかの確認

 

・フォークリフトで路面上を引きづり

チップがゴミとして散乱しないかの

確認

・爪当てによる破損

なし

 

・パレット端面の損傷

なし

7.落下試験

・パレット単体を1mの高さから面・稜

角からそれぞれ落下させ、機能低下

が発生するかの確認

・積み上げた状態からパレットを引き

づり落とし角・稜に破損が生じるかの

確認

8.タワミ試験

・パレットに約600kgの荷重を載せ

フォークの爪幅を中央寄りにセット

した状態で、パレットを持ち上げた

時のパレットタワミを測定する

・両端面が10mmの

たわみで輸送上

問題なし

9.走行試験

・パレットに約400kgの荷重を載せ

走行、旋回、急発進、急停止を繰り

返し、リフト爪とパレットの密着性等

を確認する

(急ブレーキによるパレット滑り)

・急ブレーキ等による

パレット滑りなし

10.昇降試験

・パレットに約600kgの荷重を載せ

フォークの爪幅を中央寄りにセット

した状態で昇降を数回行いパレット

と荷積み状態のバランスを確認する

・問題なし

11.片支持試験

・パレットに約600kgの荷重を載せた

状態で、長て稜・幅稜の一辺を30cm

の高さから落下させ、パレットの破損

機能低下がないかの確認をする

・パレット破損なし

12.積み付け試験

・パレットに積みつけした荷重300kg

前後の上に同等の荷重を積み上げ

パレットBottom側による箱へのダメ

ージの程度を確認する

・ボトム側の面荷重

によるダメージなし

 

13.6物質含有測定

・パレットに含有されている物質に特定

含有物が使用されていないか、また

使用されている場合どの程度含有

しているかの測定

Cd:○

Pb:○

Hg:○

Cr:○